12月10日(火)の「あそびのひろば」の様子です(^^♪

あそびのひろば

令和元年12月10日(火)

今日は、ぽかぽかいいお天気でしたね。

久しぶりの「あそびのひろば」。受付でシールを貼ると、早速好きなあそびを見つけてあそび始めた子どもたちでした。

日差しが心地良く、お水を使ったあそびも楽しかったですね。さすがにお水は冷たかったようで、触って「つめたいっ」と感じたり、裸足であそんだ後に、足洗いのおけに足を入れて「つめたっ」と感じたり…。季節を肌で感じたのではないでしょうか。

「お日様が当たるとぽかぽかあったかいね」「日陰は寒いね」「お水が冷たいね」など、五感で感じ取ったこどもたちに、お母様方が言葉で表すことで、言語の獲得に繋がっていきます。実際に感じ取ったことを言葉で表すことで、感性や表現力も磨かれますね。

「あそび」や「お散歩」は、こどもたちの五感を刺激するいい機会ですね。みやま幼稚園に登ってくる坂道も、大変ですが、「幼稚園に着いたら、身体がぽかぽかするね」「息を吐いたら白いね」など、体感できる機会になりますね。

ぜひ、一緒にあそんだり、お散歩したりしながら、感じたことをこどもたちに語り掛けてください。その時は反応がなくても、きっと成長と共にその成果が見られていくと思います。

☆次回の「あそびのひろば」は、12月16日(月)です。今年最後の「あそびのひろば」です。今日のように、ぽかぽかいいお天気だといいですね♪